健康に良い錠剤

電子物質

オレンジの薬

最近、フリーラジカルや活性酸素という言葉をよく聞きますが、意味を十分に理解している人は少ないと思います。フリーラジカルは原子の構造の話になり難しいのですが、あえて簡単に言うと、原子と電子の電荷が安定している状態から、電子が1個無くなり相手から電子を奪い取り相手から電子を奪い取ろうとしている状態の原子や分子の状態のものを言います。 フリーラジカルの代表は活性酸素です。この活性酸素こそが、さまざまな老化現象を起こす真犯人ではないかと考えられています。フリーラジカルの状態の活性酸素は、体の細胞から電子を奪います。奪われた細胞は、電子を奪われて酸化するのでこれが老化する仕組みです。老化とは具体的には、シミやシワなどの肌の老化ほか、ガン・動脈硬化・糖尿病・老人性痴呆・白内障などの重大な病気の原因になるといわれています。

では、この有害な活性酸素にどのように対応していけばどのように対応していけば良いのでしょうか。実は、私たちが健康に生きているだけで体内において活性酸素が発生しています。その代わりにと、人体には酸化防止システムも備わっています。抗酸化物質と呼ばれる酵素やビタミンC、ビタミンE、βカロテン、フラボノイド、コエンザイムなども抗酸化物質として体内で働きます。しかし、このシステムにも限界があり、大量の活性酸素が発生した処理できません。また、40歳を過ぎると処理能力も低下してきます。 対策としては、食事から摂れる抗酸化物質であるビタミンA、C、Eそしてβカロチンを効果的に摂取することです。そのためには、和食がお勧めです。和食は、肉や魚などの主菜と野菜を主に利用した副菜や付け合せをうまく組み合わせた食事で活性酸素に対抗するには最高の食事です。